『つくづく vol.6』

雑誌『つくづく vol.6』が届いた。タオルだ。タオルにいくつかの読み物などが同封してある。読み物が充実している。タオルにも文字が書いてあって、読める。この『つくづく vol.6』が、『つくづく vol.7』が貼られた箱に入っていた。『つくづく vol.7』は梱包用テープだ。『つくづく』がもう混沌としている。

先日、出張先の古本屋でクラフト・エヴィング商會の『テーブルの上のファーブル』を買った。パラパラと読んだだけだけど、書籍と雑誌の間みたいな不思議な感触の本で、「テキトーに読める」という印象を持った。テキトーに読みたいところを好きなように読んでいいというのは、雑誌の持つ特性のひとつかもしれない。タオルの文字も、付属する読み物も、テキトーに読めるという意味では雑誌と言えなくもない。

別に『つくづく vol.6』が届いたから、というわけではないのだけど、届いた翌日、このタオルを持って近所の風呂に行った。近所の風呂に行くのはコロナ禍に入って初だ。半年ぶりくらいじゃないだろうか。

サウナに入り、タオルの文字を読んだ。それでふと思った。「風呂がたのしくなる雑誌」ってなかなかないんじゃないか? まあ、これも調べたら意外とあるんでしょうね。風呂に雑誌を持ち込めばなんだっていけるわけだし。

サウナ→水風呂のコンボを決め、椅子に座ってととのいながら、「雑誌とは……」と考えた。もうなんだって雑誌と言い張っていいような気がしてくる。

帰って、タオルを、いや『つくづく vol.6』を洗濯機に入れたのだけど、洗える雑誌はなかなかないと思う。これも調べたら意外とあるのかな。さすがにないだろ。

tukzuk.stores.jp